TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【交通事故】受傷否認につい・・・

弁護士コラム:【交通事故】受傷否認について

2021.10.31
1 はじめに

加害者側が被害者の受傷を否認する、つまり治療費などの支払いを拒否するケースがあります。以下では問題となった裁判例をご紹介します。

 

2 大阪地判令和3年2月19日判決

保険会社側からは、加害者側は受傷していないのに被害者が受傷するのは不自然であると主張されることがあります。

この点について、裁判所は「同一事故の当事者が当然に同程度の傷害を負うものではなく、衝突時に防御体勢をとったかどうかや身体的耐性によっても受傷の有無や程度が左右される」とし、加害者側が受傷していないことをもって被害者側は受傷していないとはならないと判断しました。

 

3 福岡地裁令和3年5月17日

自賠責保険は「双方車両とも衝突に伴う車両の移動が認められないことや双方の車両に明らかな変形や凹損が認められないことから」「身体に医療機関での治療を要する程度の外力が加わったとは直ちに認められない」などとし、事故と治療との相当因果関係を否定しました。

これに対して裁判所は「原告車の左側部については、フロントフェンダーやフロントドアパネル等に損傷が及んでいること」などから、自賠責保険とは異なり事故と治療との相当因果関係を認める判断をしました。

このように自賠責保険で事故と治療との相当因果関係が否定されたとしても、裁判所では認められる場合があります。

 

4 大阪地裁令和3年7月9日

加害車両が停車中の被害車両の右サイドミラーに接触し、擦過痕が生じた事故でした。裁判所は、右サイドミラーに生じたのは擦過痕のみで、折損することがなかったことから、被害車両や被害者に加わった外力は軽微であったとして、本件事故と受傷との因果関係を否定しました。なお、この事案では、自賠責保険の被害者請求においても因果関係が否定されています。

 

5 信義則違反について

これまでの話は保険会社が事故当初から治療費の支払いを拒んでいたケースです。反対に、被害者は加害者側の保険会社から治療費が出ているため安心して治療に専念できると思っていたところ、加害者が裁判になったとたん事故と治療費との因果関係を争ってきたケースはどうでしょうか。つまり、被害者側がこの加害者側の訴訟行為は禁反言の法理に反して許されないと主張した場合,裁判所はどのように判断するかが問題となります。

この点について、裁判所は、保険会社がいったん治療費を支払いながら、その医学的根拠が十分でないとか、裏付けとなる証拠が乏しいと主張したとしても、禁反言の法理に反しない、と判断する傾向にあると思われます。

 

6 最後に

本稿に関連する記事として、弁護士コラム:【交通事故】治療費の必要性・相当性についてをご確認ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ