TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【交通事故】追突事故につい・・・

弁護士コラム:【交通事故】追突事故について

2021.06.06
1 はじめに

追突事故の場合、むちうち症になることがあります。症状固定後、後遺障害14級がつくためには、事故の衝撃の程度が大きいことが必要と考えられています。それは、被害車両の追突による移動距離、修理箇所、修理費の高低などにより判断されます。

2 追突による移動距離

追突事故の場合、被害車両が追突により何メートル移動したかが一つの指標となります。移動距離が約0.5メートルの裁判例で、移動は「大きくない。」と評価されています。

3 修理費の額など

また被害車両と加害車両の損傷の度合、修理費用の額も考慮されます。例えば被害車両の損傷がリアバンパーの凹損で、修理費用が11万円ほど、うち3万円ほどが塗装費であった、対して加害車両の損傷箇所は外観上確認できなかった裁判例では、事故の衝撃の程度が大きなものではないと評価されています。そうすると、被害車両の修理費用(塗装費用除く)が10万円以下のケースでは、衝撃の程度は大きくないと考えられ、ひいては後遺障害申請が通らない可能性が出てきます。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ