TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【交通事故】治療費の必要性・・・

弁護士コラム:【交通事故】治療費の必要性・相当性について

2020.10.09
1 はじめに

加害者側の保険会社は,被害者が受診した病院が発行した診断書と診療報酬明細書を確認の上,治療の必要性・相当性が認められれば,治療費を支払いいます。被害者が治療費の領収書を出せばそのとおり支払ってくれるというものではありません。
以下では,治療の必要性・相当性が問題となる2つの場合について説明します。

 

2 過剰診療

過剰診療とは,例えば長期入通院,濃厚治療,不必要な治療の場合のことをいいます。
裁判では,保険会社側の弁護士が過剰診療だったと主張して,治療費の額を争ってくる場合もあります。
その結果,保険会社が訴訟外で治療費を全額を支払っていたとしても,判決では,過剰診療と認められてしまい,治療費の一部が損害として認定されることがあります。

 

3 高額診療

高額診療とは,治療費があまりにも高い場合のことです。
風邪などで通院する場合は健康保険を利用しますが,交通事故の場合は自由診療での治療となります。
健康保険の場合は1点10円と決まっていますが,自由診療の場合は病院が決めた単価になりますので,1点20円以上の場合もあります。
裁判で,加害者側の保険会社が高額診療であると争ってきた場合,被害者側としては,カルテを取り寄せたり,医師の意見等を準備して,必要性・相当性を立証することになります。
もし高額診療であったと認定された場合,被害者は,健康保険と同程度の金額しか賠償してもらえない可能性があります。

 

4 最後に

以上,治療の必要性・相当性に関連して過剰診療や高額診療についてご説明しました。
交通事故でお困りな方はイーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ