TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【借金問題】アルバイトやパ・・・

弁護士コラム:【借金問題】アルバイトやパートタイマーも個人再生ができるか?

2020.11.06
1 はじめに

個人再生の場合,任意整理との比較では、借金が元本を含めて大幅に圧縮することができます。例えば500万円以下の借金であれば,返済額は100万円まで圧縮されます(なお財産が100万以上あれば,その財産額が返済額となります。)。
特別の事情がない限り100万円を3年間(36か月)で返済していくことになりますので、1か月あたり2万7778円を返済すればよいことになります(詳しくは弁護士コラム:【借金問題】個人再生のメリット」)。
したがって、毎月の返済が大変だった方にとっては,個人再生は良い債務整理の手段といえます。
実際、個人再生のご相談に来られる方は毎月5万円以上返済している方が多いと思われるので、個人再生により随分返済が楽になります。
ところで個人再生の場合はサラリーマンの方がその対象となることが多いですが,アルバイトやパートの方でも個人再生ができるかが問題となります。

2 個人再生の要件

法律は,個人再生(正確には小規模個人再生)の要件について,債務者が「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあ」ることと定めています。
これは,要するに,500万以下の負債であれば返済額が100万円となり、100万円を3年間にわたって3ヶ月に1回返済することになりますので、3ヶ月に1回約9万円を返済すること余力があること,と言い換えることができます。
債務者の家計収支やこれまでの就労実績などを考慮して判断されることになります。
この要件の他にもクリアしなければならない要件がありますが,これが最も重要な要件になります。
他の要件については,別記事「個人再生申立てができる条件」で詳しく説明しておりますので,ご確認ください。

3 アルバイトやパートタイマーも個人再生できる

前述のとおり,法律は,債務者が「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあ」ることと定めるだけです。
つまり,法律は,サラリーマンは個人再生できるけど,アルバイトやパートタイマーは出来ません,とは書いていないわけです。
そうすると,アルバイトやパートタイマーであっても,500万以下の負債であれば,3ヶ月に1回,約9万円を返済すること余力があると判断されれば,個人再生は認められるのです。

4 最後に

以上,アルバイトやパートタイマーの方が個人再生できるかについて説明しました。
イーグル法律事務所では借金問題についてのご相談は無料で承っております。
お気軽にご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ