TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【債務整理】個人再生の最低・・・

弁護士コラム:【債務整理】個人再生の最低弁済額と清算価値の関係について

2020.10.31
1 はじめに

債務整理には3つの方法があります。
具体的には、任意整理、自己破産、個人再生になります。
今回は個人再生について,最低弁済額と清算価値の関係についてご説明します。

2 最低弁済額<財産(清算価値)

個人再生の場合,財産(清算価値)と最低弁済額を比較して,最低弁済額の方が高い場合,最低弁済額を返済すれば足ります。
例えば,最低弁済額が100万円で,財産(清算価値)が20万円の場合,返済額は100万円となります。
また,清算価値が200万円の場合,返済額は200万円となります。

実際問題として,財産(清算価値)が最低弁済額を上回るケースは多くありませんので,基本的には最低弁済額が幾らかになるのかが重要となります。

 

3 最低弁済額の決まり方

では,最低弁済額はどのように決まるのでしょうか?
まず,借金(住宅ローンを除く。以下同じ)が100万円~500万円未満であれば,最低弁済額は100万円となります。。
そのため,借金額が400万円の方でも,300万円の方でも,最低弁済額は100万円となります。

また,借金(住宅ローンを除く)が500万円~1500万円であれば,最低弁済額はその5分の1となります。
そのため,借金額が700万円であれば,最低弁済額は140万円となります(560万円減額)。
また,借金額が1200万円であれば,最低弁済額は240万円となります(960万円減額)。

任意整理であれば将来利息はカットされますが、元本は減らないので、元本そのものが大幅にカットされる個人再生は、大変使い勝手がよい債務整理の方法といえます。

 

4 最後に

以上、個人再生の最低弁済額と清算価値の関係についてご説明しました。
個人再生の場合,いつから返済を始めることになるのかについては,別記事弁護士コラム:【借金問題】個人再生の場合いつから返済が始まるのか?をご確認下さい

個人再生を考えている方はイーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ