TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【個人再生】住宅ローン付き・・・

弁護士コラム:【個人再生】住宅ローン付き自宅に住み続けたい

2020.11.06
1 自己破産は対象外

住宅ローン付きの自宅を持っており,引き続き自宅に住み続けたいと考える方もおられます。
例えば,小学生や中学生のお子さんがおられるご家庭であれば,生活圏を変えることを躊躇することもあるかと思います。
債務整理の方法には,自己破産,個人再生,債務整理があります。
自己破産を選択すると,住宅は手放さなければなりませんので,住宅を残したい方にとっては自己破産は対象外です。
そうすると,残すは任意整理か個人再生になります。

2 任意整理は選択すべきでない

任意整理の場合,住宅を残すことができますので,住宅を残したい方にとっては一つの選択肢になります。
もっとも,任意整理の場合は,将来利息はカットされますが,元本は減りません。
つまり,毎月の返済額は減るかもしれませんが,元本は減らないので,返済期間が伸びるだけです。
例えば3年で返済していたものを5年で返済するようなものです。
よって,例えば借金の中に会社からの借入れがあったり,個人からの借入れがあり,どうしても会社や個人に迷惑をかけたくないという方以外は,住宅ローン付き住宅を残すために任意整理を選択するべきではありません。

3 個人再生をまず検討するべき

個人再生であれば,住宅ローン以外の借金は元本も含めて圧縮されます。
例えば,500万以下の住宅ローン以外の借金であれば,100万円に圧縮されます。
別の視点から説明すれば,これまで住宅ローン以外の返済に回していた分を,住宅ローンの返済に充てることができるので,住宅ローンの返済がだいぶ楽になるのです。
よって,住宅ローン付き自宅を残したい方は,まずは個人再生の利用を検討するべきといえましょう。

4 最後に

以上,住宅ローン付き自宅を残したい方の債務整理の方法についてご説明しました。
イーグル法律事務所は借金問題のご相談は無料で承っております。
お困りの方はお気軽にご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ