TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【交通事故】整骨院・接骨院・・・

弁護士コラム:【交通事故】整骨院・接骨院の施術費

2020.11.01
1 はじめに

交通事故に遇われた場合、整形外科の通院と並行して整骨院や接骨院で施術をしてもらうことがあります。
実際、整骨院などは整形外科と異なり遅い時間でも対応してくれるので仕事帰りに立ち寄ることができることや、直接身体を触ってもらえることにより治療効果を感じることができることから、整形外科よりも整骨院などでの施術を優先される方もおられるようです。

また、整形外科の診療時間が夕方までで、仕事の関係で整形外科に通院することが困難な場合、整形外科の医師の同意のもと整骨院に通うケースもあります。

しかし、整骨院などの施術は東洋医学によるものであるところ、効果の有効性などを科学的・合理的に説明できないので、その有効性などを疑問視する考え方があります。

そのため交通事故の示談交渉では整骨院などの施術費をめぐって争いになることがあります。具体的には、損保会社は整骨院の支払いを行ってきたにもかかわらず、裁判では支払いの相当性を争ってくることがあります。

そこで以下では整骨院などの施術費がなぜ争いになるのか、どのような場合に認められるのかについて説明します。

 

2 整骨院などの施術費が争いになる理由

まず施術費が高額になるケースもあるからです。
整骨院のなかには整形外科の治療費よりも高額な施術費を請求するところもあります。
そのため損保会社は高額な施術費を問題視して支払いを拒否することがあり、争いになります。

また施術費が賠償範囲から除外されると最終的な賠償額が減ってしまう問題があります。
すなわち、施術費が否定された場合、傷害慰謝料や休業損害から施術費相当額が控除されてしまい(結果として慰謝料等から施術費用を支払ったことにやる)、その結果、被害者のトータルの賠償額が減少することになります。
そのため施術費が争いになるのです。

 

3 施術費が認められる要件

一般的には、
①医師の指示(同意)があること
②施術の必要性・有効性があること
③施術内容の合理性があること
④施術期間が相当であること
⑤施術費が相当であること
が必要と言われています。

 

4 要件を踏まえると

まず、整骨院などで施術をしてもらう場合は、事前に、頻度を含めて、整形外科の主治医の指示を仰ぐ(同意を得る)ことが必要になります。
指示(同意)があったことは書面に残してもらうことが重要です(①)。もっとも、明確な同意がなかったとしても、整骨院の施術費用を認めた裁判例(ただし6割)もあります。

また、施術期間中は、症状が軽減しているなど治療効果が認められることが必要です(②)。治療効果が一進一退の場合は、治療効果が上がっていないと判断されることがあります。

症状が軽減していることを施術証明書にしっかり記載してもらうことが必要です。裁判例の中には、施術証明書の記載を丁寧に引用して、症状が軽減していることを認定している裁判例もあります。

さらに、施術してもらう部位は、整形外科の診断と一致している必要があります(③)。

④と⑤は被害者のほうでコントロールしづらい要件になりますが、④については、整体であれば6ヶ月が目安とされています。

⑤については、施術費が労災保険基準を大きく超える場合は相当性が否定されると思われます。

 

5 最後に

以上、交通事故における整骨院などの施術費について説明しました。
本記事に関連する別記事として「整骨院施術費用の注意点」もご参照ください。
イーグル法律事務所です交通事故のご相談は無料で承っております。お困りの方はイーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ