TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【借金問題】個人再生に向い・・・

弁護士コラム:【借金問題】個人再生に向いている方

2020.10.31
1 はじめに

債務整理の方法の一つに個人再生があります。
個人再生は大幅な借金減額が認められる制度ですが、この制度を使えるのは基本的には安定した収入のある方になります。
以下具体的に説明します。

2 サラリーマン

借金が100万円~500万円未満であれば、返済額は100万円になります。
返済期間は原則3年なので、36ヶ月払いになります。
そうすると、1ヶ月あたりの返済額は27778円になります。
少し余裕を見れば、毎月の3万円の余剰があれば、民事再生はできます。
サラリーマンで勤続年数が長い方の場合は、ある程度の安定した収入が見込めますので、個人再生に向いているといえるでしょう。
過去の例では、公務員の方、配送業でお勤めの方、ホテルのコックの方などが個人再生をすることができました。

3 年金受給者

よく年金受給者の場合は個人再生は認められないと誤解している方がおられますが、実際はそうではありません。
借金の額が500万円未満であれば、毎月27778円返済すればよいので、家計の収支からして3万円ほど余剰があれば個人再生は認められます。
実際に、過去に年金受給者の方の個人再生申立てを行いましたが、特に問題なく認められました。
厚生年金受給者で夫婦合算で月20万円ほどある方は、個人再生に向いているといえます。

4 最後に

以上、個人再生に向いている方について説明しました。
個人再生をお考えの方はイーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ