TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【交通事故】健康保険の利用

弁護士コラム:【交通事故】健康保険の利用

2020.10.11
1 はじめに

交通事故に遭った被害者は健康保険を利用して治療を受けることができます。
健康保険を利用した場合の流れについて説明します。

2 具体例

Nさんは軽自動車を運転していたところ、Sが運転する普通乗用車と衝突し、健康保険を利用して通院したとします。
治療費は合計300万円、過失割合はNさんが3割でした。
なお、Sは任意保険に入っておらず、資力はありませんでした。

3 第三者行為傷病届

Nさんは、健康保険を利用して治療を受ける場合、健康保険組合又は市町村に対して、第三者行為傷病届を提出する必要があります。

4 健康保険を利用した場合の自己負担額

Nさんは、病院で300万円×30%=90万円を支払う必要があります。
なお、健康保険組合又は市町村は、Sさんの自賠責保険会社に対して、210万円を求償することになります。

5 被害者請求

Nさんは、Sさんの自賠責保険会社に対して、治療費として負担した90万円について被害者請求をすることができます。

ところで、自賠責保険の傷病部分は120万円が上限となります。
そのため、Nさんの被害者請求と健康保険組合又は市町村の求償請求のいずれが優先するかが問題となります。

最高裁判例によれば、被害者請求が優先するとされています。
被害者請求は,被害者に自賠責保険の限度額までは最低限保障するために設けられたものです。
最高裁判例はこの趣旨を重視したものと思われます。
よって、Nさんの被害者請求として90万円を受けることができます。
反対に、健康保険組合又は市町村は、自賠責保険会社から30万円しか回収できません。

6 労災保険との比較

仮にNさんが労災保険を使うことができたとします。
この場合、Nさんは、健康保険と異なり、治療費の負担なく治療を受けることができます。

7 最後に

以上、交通事故の被害者が健康保険を利用して治療を受けた場合の流れについて説明しました。
お困りの方はイーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ