TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【任意整理】東京簡易裁判所・・・

弁護士コラム:【任意整理】東京簡易裁判所から茶封筒が届いた!

2020.09.28

はじめに

消費者の債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生の3つの手段があります。
自分はどの方法を採るのがベストかは専門家にご相談いただくのがよいですが、その前提として、3つの手段はどのようなケースで使われるのかについて具体的なイメージを持っていただくのが大切です。今回は任意整理について具体的なケースをご紹介します。

相談内容

Kさんはカードローンを借りていたところ、返済を滞るようになり、督促状が数回自宅に届いていました。
しかしKさんは中身を開けずに放置していたところ、ある日突然、東京簡易裁判所から茶封筒が届きました。

裁判の日は1ヶ月後になっていましたが、Kさんは東京の裁判所に出廷することは仕事上難しいし、裁判手続のことはよくわからないとのことで、ご相談に来られました。

 

 

 

 

 

解決内容

弁護士は速やかにカードローン会社に受任通知を発送し、訴訟前に分割払いの協議を行いました。

また、東京簡易裁判所には代理人になった旨、現在の進捗状況をご報告しました。その結果、第1回目の裁判で、分割払いの和解が成立しました。

コメント

カード会社からの支払いが滞ると突然裁判所から茶封筒が届くこともあります。

放置すると預金や給料が差し押さえられることがあります。
給料が差し押さえられると,勤務先に借入れの事実が発覚してしまいますし、勤務先に迷惑をかけることになります。
まずはお気軽にご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ