TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:「相続法改正 特別寄与料の・・・

弁護士コラム:「相続法改正 特別寄与料の支払請求」

2020.07.13

相続法改正により,被相続人の療養看護等の貢献をした者が相続財産から分配を受ける制度(民法第1050条)が創設されました。

今回はこの制度が新たに設けられた理由を説明します。

 

被相続人の療養看護等の貢献をした者が相続財産から分配を受ける制度の背景

弁護士法人イーグル法律事務所例えば,太郎さんは要介護状態にあり,息子二郎の奥さんであるサクラさんが太郎さんを長年にわたり在宅介護し療養看護等の貢献し,遺産を遺して亡くなったとします。

遺産分割では,「相続人」が被相続人の療養看護等の貢献をしたとき,その「相続人」に寄与分が認められることがあり,法定相続分よりも多くの遺産を取得することができます。そのため仮に二郎さんが太郎さんの療養看護をしていたとすれば,その貢献は寄与分として遺産分割においてプラスに評価されることになるのです。

もっとも,サクラさんには残念ながら寄与分は認められません。サクラさんは太郎さんの「相続人」ではないからです。

 

では,寄与分が認められないサクラさんはどのようにすれば療養看護の貢献について相続財産の中から一定の分与をしてもらえるのでしょうか。

まず,サクラさんは,太郎さんとの間で療養看護について報酬の取り決めをすること(法律的には準委任契約の締結といいます。)が考えられます。これにより,サクラさんは生前太郎さんに報酬請求し,死後は太郎さんの相続人に対し(未払い分の)報酬請求をすることができます。しかし,親族間でわざわざこのような契約をする人がいるでしょうか。また,サクラさんにこのような取り決めを求めることは酷といえます。

また,サクラさんは,太郎さんに,生前,「サクラさんに○○を遺贈する」という遺言書を作成してもらうこと(法律的には遺贈といいます)や,太郎さんとの間で養子縁組をすることが考えられます。前者であれば相続人ではないサクラさんも相続財産の中から遺産を取得することができますし,後者であればサクラさんは相続人として遺産分割により相続分に相当する遺産を取得することが出来ます。

 

しかし,太郎さんが自発的に遺贈や養子縁組をしてくれればよいですが,そうでなければサクラさんは太郎さんに「私のために遺言を書いておいてよ」,あるいは「私のために養子縁組しようよ」と促すことが求められます。やはりサクラさんに酷な要求といえるでしょう。

サクラさんのように被相続人の療養看護など特別な貢献をした者が,その貢献に対して相続財産から何も受け取ることが出来ないのは不公平といえます。そのため,このような者に対し相続財産から一定の分配を受けられる制度を新たに設ける必要性があります。他方で,被相続人としても,サクラさんのように療養看護など特別な貢献をした者に対し,その労を報いるために相続財産の中から一定の財産を与える意思を有しているのが通常といえます。そのため,被相続人に対し療養看護等の貢献をした者が相続財産から分配を受ける制度を創設することは,被相続人のこのような推定的意思にも合致するといえます。

 

以上の考慮から,改正法では,被相続人の療養看護など特別な貢献をした相続人以外の者に対し特別寄与料の支払請求権を付与することにしたのです。これにより,サクラさんは,太郎さんの死後,生前に太郎さんと契約を交わしていなくても,太郎さんが遺言を作成(遺贈)したり太郎さんと養子縁組をしていなくても,太郎さんの相続人に対して特別寄与料の支払請求をして,相続財産の中から一定額の支払いを受けることが可能になるのです。

 

以上,被相続人に対し療養看護等の貢献をした者が相続財産から分配を受ける制度について説明しました。

もっとこの制度を知りたいという方はイーグル法律事務所にご相談ください。

 

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ