TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【相続】代襲相続について

弁護士コラム:【相続】代襲相続について

2020.10.18
1 代襲相続と養子縁組

被相続人には実子がいたが、妻子もちのNとの間で養子縁組をしたとします。
Nさんが死亡した後、被相続人が死亡した場合、Nさんの子は代襲相続人にはなれません。

他方で、上記ケースを少し変えて、Nさんは養子縁組の際に独身で、縁組の数年後に結婚し、子が生まれたとします。
Nさんが死亡した後、被相続人が死亡した場合、Nさんの子は代襲相続人になります。

以上のように子が生まれたのが養子縁組の前か後かによって、その子が代襲相続できるか否かが変わってくるので、注意が必要となります。

2 再代襲相続の可否

子と兄弟姉妹とで再代襲相続ができるか否かが変わってくるので注意が必要となります。
すなわち、子についての代襲相続の場合は、再代襲相続ができます。
他方で、兄弟姉妹についての代襲相続の場合は、再代襲相続ができません。

3 最後に

代襲相続について問題となるケースについてご説明しました。
遺産相続についてお困りの方はイーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ