TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【交通事故】自営業者の基礎・・・

弁護士コラム:【交通事故】自営業者の基礎収入額 

2020.10.11
1 はじめに

自営業者の休業損害や後遺症逸失利益の計算の際、基礎収入額を確定しなければなりません。
一般的には、事故前年の確定申告書の所得額が基準となります。
では、自営業をしていた夫婦がおり、その夫が交通事故に遭った場合、基礎収入額はどのように考えるべきでしょうか。

2 妻に給与を払っていない場合

例えば、夫の事故前年の所得が500万円、妻も経理などの補助をしていたが給与は貰っていなかったとします。
この場合、夫の所得には妻の貢献分も含まれています。
そこで、夫の所得500万円から妻の貢献分を控除することになります。
例えば妻の貢献分が10%であれば、夫の基礎収入額は450万円になります。
もっとも、実際は、税金対策上、妻に給与を支払っているケースがほとんどだと思われます。

3 妻が給与を貰っている場合

夫は妻に専従者給与として年間100万円を支払った上で、夫の所得が500万円だったとします。
この場合、夫の基礎収入は500万円になります。
もっとも、税金対策上、妻に専従者給与を支払ったことにしているだけで、実際のところ妻は実働をしていない場合もあります。
この場合、夫の所得500万円に妻の給与100万円を加算した600万円が基礎収入になると考えられます。

4 最後に

以上、家族経営の自営業者が交通事故に遭った場合の基礎収入額について説明しました。
お困り事がありましたら、イーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ