TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【時効援用】引田法律事務所・・・

弁護士コラム:【時効援用】引田法律事務所から催告書が届いた

2020.10.10
1 はじめに

突然、知らない弁護士事務所から請求書が届いた。まったく見に覚えがない、記憶にない。

そう言えば、ずいぶん前に借りたので、当時いくらか借りたことはあった。しかし、今となっては、いくら返していなかったのか、分からない。そのため、請求書に書いてある請求額が正しいのか分からない。

期限内に払わないと、裁判を起こすとも書いてあるしかし、払えないし、弁護士事務所に電話するのは大変だ・・・。

今回は、このような場合に、時効という制度を使って、払わなくてもよくなるケースをご紹介します。

 

2 具体例

Yさんは、10年以上前に、武富士からお金を借りたことがありました。
しかし、返済ができず長年放置していたころ、引田法律事務所から「催告書」や「減額和解のご提案」の封書が届くようになりました。封書のオレンジ色、緑色でした。

引田法律事務所は、日本保証という会社の代理人と書いてあります。しかし、Yさんは、日本保証という会社はよく分かりません。

しかも、請求額はかなり高額で、とても払えるような金額ではありません。

Yさんは実家で母と一緒に暮らしていましたが、母が封書に気付き、お二人でご相談に来られました。

 

3 解決内容

弁護士は、Yさんが持参された封書の中身を確認したところ、取引開始日や最終返済日の記載がありました。
すでに時効期間は経過していました。

そこで、弁護士は直ちに引田法律事務所に対して時効援用の意思表示を書面で行いました。
それ以後、Yさんの自宅には封書が届かなくなりました。

 

4 最後に

以上、弁護士事務所から督促状が届いたケースをご紹介しました(同じく弁護士事務所から督促状が届いた事案として別記事「高橋裕次郎法律事務所から債権回収業務受任通知が届いた」もご参照下さい。)

イーグル法律事務所では,あなたに代わって引田法律事務所と交渉を行なうことも可能です。

まずはお気軽にお電話ください。借金問題についてのご相談は無料で承っております。遠方の方のご相談もお受けできます。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ