TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【時効援用】高橋裕次郎法律・・・

弁護士コラム:【時効援用】高橋裕次郎法律事務所から債権回収業務受任通知が届いた

2020.10.10
1 はじめに

債務整理の方法は、一般的には、任意整理、自己破産、個人再生がよく知られていますが、消滅時効の援用も選択肢の一つに入ります。今回は消滅時効にフォーカスして説明していきます。
さて、自己破産をすれば税金以外の借金を返済しなくてもよくなりますが(自己破産については弁護士コラム:【自己破産】自己破産のメリット・デメリット」をご参照下さい。)、消滅時効が認めれれば、自己破産と同様に、借金を返済する必要はなくなります。
実際、自己破産のご相談に来られた方が実は消滅時効の対象となり、自己破産をせずに借金の返済を免れることができたケースもあります。自己破産の場合は裁判所に申し立てなければならず、免責までに数ヶ月かかります。一方で消滅時効であればそこまでかからずに借金がなくなります。また消滅時効の場合、解決までに要する時間が短くなるだけでなく、弁護士費用も安価になりますので、財布にも優しい債務整理の方法ということができます。
そこで、今回は、消滅時効が認められたケースの具体例として、高橋裕次郎法律事務所から債権回収業務受任通知が届いたケースをご紹介します。

2 具体例

Sさんは10年以上前に多数のサラ金業者から借入れをしていました。
この中にアイフルもありました。
ところが仕事が長々続かず収入が途絶えたので、返済をすることができなくなりました。
最初の数年はアイフルから督促状が届いていました。最初は開封して中身を読んでいましたが、返せるあてもなかった上、次第に見るのが嫌になりほったらかしにしていました。ところが、数年経った頃から一切来なくなりました。なぜだろうとは思いながらも、特に気にすることはせず、時が経過していきました。
それから10年以上経過したある日、Sさんは派遣の仕事から帰宅して自宅のポストを確認したところ、高橋裕次郎法律事務所からの封書がありました。法律事務所から封書が届いたのは初めての経験だったので、とても驚きました。
開封してみると「債権回収業務受任通知」と書いてありました。すぐに10年以上前に借りたアイフルのことだと分かりました。どうやらアイフルの貸金の回収業務を法律事務所が行っているようでした。
Sさんは弁護士事務所に電話することに抵抗がありましたので、まずは専門家に相談しようと思って弁護士事務所に相談しに行きました。

3 解決内容

弁護士は、Sさんが持参した「債権回収業務受任通知」の内容を確認しました。借入先はアイフルで、最後に返済したのは10年以上前であることが分かりました。そこで、弁護士はSさんに消滅時効の可能性を説明し、Sさんの代理人になることになりました。その後、直ちに高橋裕次郎法律事務所に受任通知を発送し、取引履歴の開示を受けました。
そうしたところ、弁護士の見立てどおり最終返済日から5年以上経過しており、時効期間が経過していることが判明しました。また、Sさんによれば裁判所から支払督促状や訴状が自宅に届いたことがないとのことだったので、時効期間が伸びていないと思われました。そこで、弁護士は、高橋裕次郎法律事務所に時効援用通知を発送しました。そうしたところ、以後、同事務所から封書が届くことはなくなり、借入金は時効により消滅することになりました。

4 最後に

突然、法律事務所から封書が届いても、すぐに電話したり支払ったりする必要はありません(同じく法律事務所からの封書が届いたケースについて別記事でご紹介しておりますので「弁護士法人引田法律事務所から催告書が届いた」もご参照ください)。
仮に僅かでも払ってしまったら、時効中断となり、消滅時効を主張することはできなくなってしまいます。中には「とりあえず1000円だけでも振り込んでください。」と時効中断をさせようとする貸金業者もいます。ご自身で対応する前に、まずは法律の専門家に相談に行くべきでしょう。

イーグル法律事務所では借金問題についてのご相談は無料で承っておりますので,お困りな方はお気軽にご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ