TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【交通事故】領収書を取得し・・・

弁護士コラム:【交通事故】領収書を取得しなくてよい場合

2020.10.09
1 はじめに

交通事故に基づく損害賠償請求にあたっては,支出した領収書を取得し保管しておかなければならない場合があります。
もっとも,必ずしも必要ではないケースもありますので,ご紹介します。

2 公共交通機関の領収書

治療のために電車やバスを利用した場合,加害者側に対し通院交通費として請求することになります。
もっとも,電車やバスの切符は回収されるので,証拠保全が困難といえます。
また,通院したことは診療報酬明細書から明らかになります。
そこで,通院先,通院日,利用交通機関,往復の金額を明らかにすれば,領収書を提出しなくても,損害として認められるとされています。

3 入院雑費

入院雑費とは,入院中の日用雑貨費,通信費,文化費(新聞代)など入院することによって生じた諸費用のことです。
これら少額の細かい支出についても領収書を提出しなければ損害として認められないとするのは,被害者に酷といえます。
また,入院雑費は1日当たりの金額は高くないので,類型的判断になじむと考えられます。
そこで,入院雑費は,領収書がなくても,1日あたり1500円として計算することとされています。

4 まとめ

以上から,入通院中において「公共交通機関の領収書を取っておかなければいけないか?」「入院中の新聞代や電話代の領収書を取っておかなければならないか?」というご質問に対しては,いずれも「いいえ。」となります。
お困り事がある方はイーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ