TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【遺産相続】特定財産承継遺・・・

弁護士コラム:【遺産相続】特定財産承継遺言作成の注意点

2021.01.02
1 はじめに

被相続人が同居中の次男に対して全ての遺産を相続させる旨の遺言を作成したとします。被相続人が亡くなる前に次男が亡くなってしまった場合、次男の子が次男に代わって全ての遺産を相続できるのでしょうか。

2 特段の事情がない限りできない

この問題について最高裁判所の裁判例があります。これによれば、特段の事情がない限り、次男の子は全ての遺産を相続することはできません。よって、被相続人が改めて次男の子に全ての遺産を相続させる旨の遺言を作成しない限り、遺産分割協議が必要になります。

3 遺言書作成の注意点

以上を踏まえると、被相続人は、次男が自分よりも先に亡くなった場合に備える必要があります。例えば、遺言書の中に「遺言者は全ての遺産を次男に相続させる。次男が遺言者と同時に又は遺言者よりも先に死亡したときは、全ての遺産は次男の子に相続させる。」という文言を入れるべきでしょう。公正証書遺言を作成する場合、公証人が上記のような文言を入れてくれるので、そこまで気にする必要はありませんが、自筆証書遺言を作成する場合は注意が必要になります。

4 最後に

以上、特定財産承継遺言作成の注意点についてご説明しました。イーグル法律事務所では相続のご相談は無料で承っております。お困りの方はお気軽にご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ