TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【交通事故】外貌醜状と逸失・・・

弁護士コラム:【交通事故】外貌醜状と逸失利益

2020.10.09
1 はじめに

外貌醜状と後遺症逸失利益についてご説明します。

2 外貌醜状とは

外貌醜状とは,首より上,つまり頚部,顔面部,頭部の日常露出する部位に醜状痕が残った後遺障害のことをいいます。

3 外貌醜状の等級について

外貌醜状の等級は3つに分類されます。
すなわち,7級が「外貌に著しい醜状を残すもの」,9級が「外貌に相当程度の醜状を残すもの」,12級が「外貌に醜状を残すもの」と分類されています。

各等級の具体的な認定基準は,労災補償の障害認定必携に詳しく記載されています。
例えば,12級の「外貌に醜状を残すもの」としては,長さ3センチメートル以上の線状痕があることとされています。
従って,線状痕が2.5センチメートルであれば,12級の後遺障害は認められないことになります。

なお,このように認定基準に僅かに満たないようなケースにおいては訴訟提起すれば,慰謝料の増額事由として考慮される場合もあります。

4 逸失利益について

醜状痕を理由とする逸失利益は,誰でも認められるわけではありません。
なぜなら,外貌醜状それ自体は,肉体的な労働能力に直ちに影響を与えるわけではないからです。
そこで,一般的には,被害者の職業や年齢などを考慮して,個別具体的に判断されると言われています。
例えば,モデルや営業担当であれば,仕事に影響するので,逸失利益は認められる傾向にあります。
他方,事務職などデスクワークであれば,仕事に影響するとは必ずしも言えないので,逸失利益は認められにくい傾向にあります。

また,まだ就職していない男女であれば,職種によっては就職の道を閉ざされることになり,職業選択の自由が制限されることになります。
そのため,若年の男女であれば,逸失利益が認められやすい傾向にあるいえます。

5 最後に

以上,外貌醜状の逸失利益についてご説明しました。
お困りの方はイーグル法律事務所までご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ