TOPICS

弁護士コラム:【自己破産・解決例】事業資金の連帯保証人の自己破産

2020.10.25
1 はじめに

知人の事業資金借入れの連帯保証人になった方の自己破産についてご紹介します。

2 相談内容

Yさんは70歳代、長年にわたり自営業を営んでおり、地域密着型で順調に業績を伸ばしてきました。
ところがYさんは、同じく自営業をしている知人男性から懇願されて数回にわたり事業資金の借入金の連帯保証人になっていました。
その知人男性は返済を滞るようになり、Yさんのもとには保証協会や債権回収会社から一括請求がされるようになりました。
請求額は遅延損害金を含めると1億円を優に超えていました。
Yさんはひとまず利息分だけでも払ってきましたが、自身が亡くなれば妻や子供に債務が引き継がれること、妻らが相続放棄すれば自分の兄弟姉妹も相続放棄しなければならなくなることを心配していました。

3 解決内容

弁護士はYさんと相談して、Yさんの代で債務を整理する方向で進めることになりました。
Yさんは不動産を持っていましたので、自己破産を申し立てる場合は管財人が就くことになります。
そこでYさんには事前に予納金として20万円を確保していただきました。
最終的には多数回の債権者集会を経て自己破産手続は終了し、Yさんは免責決定を得ることができました。

4 最後に

以上、連帯保証人の自己破産の解決事例をご紹介しました。
イーグル法律事務所では借金問題について無料相談を承っております。
お困りの方はお気軽にご相談ください。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ