TOPICS

  • HOME>
  • TOPICS>
  • 弁護士コラム:【刑事事件】解決事例(痴漢・・・

弁護士コラム:【刑事事件】解決事例(痴漢)

2021.07.18
1 はじめに

Aさんは、公共交通機関内で痴漢を行い、半年後、警察から取調べ要請があり、今後について当事務所にご相談に来られました。

2 解決内容

Aさんは過去に同種犯罪で逮捕されたことはないとのことでした。そこで、Aさんには、初犯の場合は被害者との間で示談が成立すれば起訴猶予になる可能性が高いこと、反対に示談ができなければ30万円前後の罰金刑となる可能性が高いことをお伝えし、被害者との示談を優先することになりました。

弁護士は警察を介して被害者の方と連絡を取り、被害弁償の話を進めました。最終的にはこちらが提案させて頂いた被害弁償金で納得していただき、示談書の中に、本件を許す旨の条項をつけることもご了承いただきました。

その後、弁護士は検察庁に対して示談が成立したことを報告した上で、本件につき起訴猶予処分が妥当である旨、意見を述べました。これにより、Aさんは、当初の見立てどおり、起訴猶予となり、罰金処分を免れることができました。

3 最後に

初犯の痴漢事例であれば、被害者の方と示談をすることにより、前科がつくことを防ぐことができます。再犯の場合でも、示談の有無で最終処分は大きく変わります。早めに弁護士に相談されるのとをおすすめします。

EAGLE LAW OFFICE LPC

078-325-1156

お問い
合わせ